カードローン審査

カードローン審査情報ナビ

カードローンの審査について

 

カードローンの審査に通過するためには、無職では無理です。何故なら無職の方は収入がないためお金を返すための資金を確保できないとみなされます。そのためお金を貸してもいい人と信頼されないのです。

 

お金を貸してもいい人と信頼されるためには、自分自身に収入が入ってくる状態にいなければいけません。そのためカードローンの審査において重要になってくるのは、お金を返すための返済能力を有しているかどうかが重要になってきます。

返済能力を有しているかどうかの判断は色々な面から判断されます。

 

まず最も重要なのは定期的な収入を有していることです。定期的な収入がある方であれば勤務形態は必ずしも正社員でなくても大丈夫です。パート、アルバイト、派遣の方でも十分審査に通過する可能性はあります。

 

またお金を借りる際の借入件数は多くない方がいいです。他の消費者金融からの借入件数が多いとそれだけでお金にかなり困っている人と判断されます。そう判断されると今回の借入についてきちんと貸したお金を返済してもらえるのか疑問をもたれてしまいまので多くても2社ぐらいにとどめておきましょう。

 

 

 

総量規制対象外のカードローンはあるの?

お金を借りる時に、制限があるのは困る時がありますね。確かに年収の3/1までしか借りられないというのは無理な借り入れを防止する役割があります。
どうしても大きなお金を借りたい時は総量規制対象外のカードローンがいいですよ。
http://souryoukiseitaisyougai.com/

在籍確認について

お金を借りる際には必ず在籍確認が入ります。在籍確認とはお金を借りる際に申告いただいた勤務先にちゃんと勤務しているかどうかの確認をする為のものです。
この在籍確認を非常に嫌がる人がいますが、この在籍確認は省略できないものです。何故なら申告した勤務先に勤務していないとなると定期的な収入が本当にあるのかどうかが分からなくなります。そのため返済能力を有しているのかどうかが分からなくなります。

 

在籍確認は勤務先へ電話がかかってきます。この勤務先への電話を嫌がる人が多いと思いますが、勤務先への電話により自分がお金を借りていることが職場の人に分かることはありません。消費者金融の人もその辺は気を使ってくれます。電話については個人名でかけてくれますので必要以上に気にすることは全くありません。
 
個人名での電話も避けたいという方はモビットのWEB完結申込がおススメです。条件はありますが、会社勤務の証明となる健康保険証や給与明細で在籍確認と見なしてくれます。

無利息サービスとは

お金を借りる際に利息がつくのは当然のことです。お金を貸す側も利息を払ってもらわなければ商売がなりたちません。

 

しかしお試し期間のような意味合いで無利息サービスを実施している消費者金融があります。プロミスやノーローン、レイクなどが有名です。
プロミスの審査はおすすめですよ。

 

消費者金融サービスを利用するのが初めての時は不安が強いものです。始めて利用する時にお試し期間のような役割で無利息で消費者金融を利用できれば大変有難いですね。この無利息サービスは誰でも利用できるわけではありません。消費者金融サービスによりますが、始めての利用でポイントサービスに申込した人が対象とか条件がありますので注意しましょう。

 

この無利息サービスが役に立つのが一定期間経過後にはお金が入ってくることが分かっている場合です。例えば給料日前とかです。給料が入ってくればお金の返済もできるが、それまでは友人、知人との付き合い等でどうしてもお金が必要な場合があります。そのような時に無利息サービスを効果的に利用していきましょう。

銀行カードローンのメリット

キャッシングサービスのカードローンは大きく分けて2種類あります。消費者金融系のカードローン銀行カードローンです。

 

消費者金融系のカードローンは一般的に審査が早く、即日融資に対応しいると言われています。プロミスやアコムなどが該当します。
アコムの審査は特にお勧めです。

 

しかし即日融資ができるといってもお金を借りるには、まず審査に通過しなければなりません。消費者金融サービスの審査はさまざまな角度からお金を貸してもいい人かいけない人か判断されるので審査に通過しない人もいます。

 

また即日融資を受けるためには何時までに審査に関する書類を完了させる等の条件がありますので、いつ申し込んでも即日融資を受けれるわけではありませんので注意が必要です。

 

銀行カードローンは消費者金融系のカードローンほどは即日融資に対応できていませんが、即日融資できるところもあります。しかし審査については消費者金融系のカードローンに比べ厳し眼になりますが、金利については低めであり、銀行本体のカードローンということで安心感は抜群です。

総量規制について

総量規制により年収の3/1を超えての借入ができなくなりました。確かにお金を借りる時に上限が決められるのはマイナス部分もあるでしょう。多くの金額を借りたい人もいるでしょう。

 

しかし上限が決められるということは無理な借入を防ぐことができます。何故なら無理な借入をしすぎたために自分を破滅に追い込んでしまう人も少なからずいるからです。お金を借りて結局、利子をつけて返さなければいけないのです。決して自分自身のお金になるものではないと考えると少ない借入で金利負担を軽くし効率的にお金を借りる方がいいのです。

 

どうしても年収の3/1を超えての借入が必要な場合は銀行カードローンが適しています。銀行カードローンは総量規制の適用を受けないのです。そのため銀行カードローンでは年収の3/1を超えた大きな金額を借入することができるのです。
しかし審査については少し厳し眼にはなるのですが、定期的な収入のある方は、申込の価値はあります。